五嶋アケミ ☆ 職業:役者

スペイン・バルセロナで役者修行中

役者の感情なのか、役の感情なのか、自分の感情に確かめる

Montseny

断食3日目。朝からビリーのヨガ。きついかなと思ったけど、それほどでもなかった。午後からトレーニング。今日はトレーニングの最終日。

ボールを使って、相手のエネルギーを体ごと受け取る訓練。それからビュー・ポイント。舞台を四角く動く。それから丸く動く。スピードは自分で決めていいが、他のメンバーとのコミュニケーションでスピードを合わせる。みんなで輪になってぐるぐる走る。等間隔を保ちつつ、チームのスピードを守りつつ。

台詞の練習もした。そういう風に見える演技ではなく、内面にある感情を台詞を通して表現する訓練。今している動作は本当に感情にあっているものか、動作に引きずられないこと。台詞を言う前に、注意して見極めること。小声で台本にない台詞を作ってしまってもいい。役者の感情なのか、役の感情なのか、自分の感情に確かめること。

こういうとき、普段から自分に向き合えているか、いないかがよくわかる。自分の感情や表現に回りの雰囲気や期待に合わせた仮面をつけていないか。内面と仮面の不協和音に気がつけるか気がつかないフリをしていないか、それとも鈍感か。

自分はそれを感じる繊細さはあるけれど、じゃあどう表現するか、というところで詰まっている。リトミックみたいに音楽を感じて体で表現することは好きだけど、それを演技に繋げるところで詰まってしまう。日常と繋がっていない気がする。

スペインに来てからあっという間に1ヶ月が経った。来週からリハーサル開始。うそみたい。